自動販売機にやられました。:麒麟(キリン)の自動販売機 情報ポスト 自動販売機にやられました。を解説!


ブログトップ自動販売機 >自動販売機にやられました。

2006年10月02日

自動販売機にやられました。

今日は自動販売機にやられました。

コーラを買おうと520円入れて、ボタンを押したら、途中で100円つり銭切れのランプが点いたようで・・・

そうなんです。520円入れて100円玉で400円帰ってくるはずが100円玉1枚、50円玉2枚、あとは10円玉・・・お釣りがとめどなく落ちてきて取り出すのが大変なくらいに・・・枚数にして23枚。・・・

ありえない(≧◇≦)エーーー!そんなこんなで今日は自動販売機について少し語りたいと思います。┌|-.-|┐


最初の自動販売機といわれているのは、紀元前215年頃古代エジプトの神殿に置かれた聖水の自販装置です。てこの原理を応用して投入された硬貨の 重みで内部の受け皿が傾き、その傾きが元に戻るまで弁が開いて蛇口から水が出るといった仕組みでした。紀元前にそんなものがあったなんて驚きです。

日本では俵谷高七が1904年に発明した「自働郵便切手葉書売下機」が最初とされています。日本が治安の関係もあり一番種類も多いようで、新聞の自動販売機に「ニュースくん」と名前がついているものまであるんです。

めずらしいと思った自動販売機は花・米・納豆・風船旅行保険(空港にあるらしいです)おでん(アキバで有名になったおでん缶)や田舎にある卵や野菜の自動販売機などですね。

自動販売機を委託という形で自宅に設置することも可能です。電気代と置き場所を用意すれば、契約した会社が詰めに来てくれて売れた分の何%かをマージンでくれるようです。電気代が心配ですが・・・


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔