Dr.コトー診療所2006が始まりました:麒麟(キリン)のDr.コトー診療所 2006 情報ポスト Dr.コトー診療所2006が始まりましたを解説!


ブログトップDr.コトー診療所 2006 >Dr.コトー診療所2006が始まりました

2006年10月14日

Dr.コトー診療所2006が始まりました

Dr.コトー診療所2006が10月12日木曜日 夜10時から30分拡大枠にて始まりました。3年ブランクの末、やっと戻ってきた感があります。とにかくなんか癒されるんですよね。コトー先生の雰囲気に・・・彩佳こと柴咲コウは髪をきりまたかわいらしくなりました。ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

ヤシガニラーメンが気になって仕方がない麒麟です。筧利夫さんのブログにはしょうゆ味とみそ味あるとありましたが、どうやら売っていないと思っています。

第1話の視聴率は関東地区で23.2%、けっこう見た人多いかと思います。ちなみに前作はTOKIOの長瀬くん主演のムコ殿と唐沢寿明主演の白い巨塔に挟まれて放映されています。

あらすじとしては・・・


2006年2月…南海の孤島、志木那島…。←ロケ地はご存知与那国島ですね。ただ、モデルは鹿児島県の甑島(こしきじま)のようです。

 コトーこと五島健助(吉岡秀隆)が、いつものように往診のため自転車を走らせていると、原剛洋(富岡涼)が、東京の私立中学に合格したとの報せ。安藤重雄(泉谷しげる)たちは、西山茉莉子(大塚寧々)の店に集まって、我が事のように喜び合う。

 一方、島を離れて働く剛洋の父、剛利(時任三郎)は息子のがんばりを誇らしく思いながらも、学費の問題が重くのしかかっていた。

 その頃、星野彩佳(柴咲コウ)も東京にいた。“春からリハビリの学校に通うため”ということになっているが、実は大学病院で診察を受けるための上京。彩佳は、父の正一(小林薫)にもコトーにも上京の真実を隠していた。となっています。

Dr.コトー診療所2006より 楽しみな番組になりそうです。((o( ̄ー ̄)o))

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔