乳幼児のアトピー 食物アレルギーは・・・:麒麟(キリン)のアトピー性皮膚炎 情報ポスト 乳幼児のアトピー 食物アレルギーは・・・を解説!


ブログトップアトピー性皮膚炎 >乳幼児のアトピー 食物アレルギーは・・・

2007年02月09日

乳幼児のアトピー 食物アレルギーは・・・

乳幼児のアトピーの原因のひとつに食物アレルギーがあります。食物性アレルゲンというそうですが、代表的なものに卵、牛乳、大豆のほか、人によってはそばだったりします。
食べることで体の中に入った食物アレルゲンは腸管(口から肛門までの消化器官全体のことのようです)から吸収され、血液やリンパ液にのってに皮膚の細胞に運ばれることでアレルギー反応を起こします。かゆくなるメカニズムですね。

生まれたばかりの赤ちゃんは消化能力がまだ未熟なためにアレルゲンを未消化のまま血液やリンパ液にのせてしまうので、アトピーが出やすいのもその辺りが原因のようです。年齢を重ねると消化器官が発達してきますので、段々とアレルギーが軽くなるといわれています。これが食物アレルギーは成長とともに軽くなると言われる理由です

【最後にひとこと】
刺激の強い食べ物は大人でも肌に出ます。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あきらめていませんか?アトピー鐔ゥ▲譽襯ーは治りますよ。  [ 90日でアトピー・アレルギーはこうして治した!!失敗しないアトピーアレルギー完治の法則?! ]   2007年02月10日 01:53
この方法を実践すると・・・・・ ・赤く硬くなっていた皮膚が、白く柔らかい本来の肌にもどりました。 ・夏、プールに遠慮なく入れるようになりました。 ・今まで恥ずかしくていけなかった温泉や健康ランドなどに堂々と行けるようになりました。 ・汗をかいて...
2. 食物アレルギーの対策食品  [ 食物アレルギーの対策食品 ]   2007年05月20日 00:58
食品によって引き起こされる食物アレルギーとは、消化吸収した特定の食品の成分に免疫が反応してしまうことによって起こるアレルギーのことをいいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔