映画イルマーレをDVDで見ました:麒麟(キリン)の映画 情報ポスト 映画イルマーレをDVDで見ましたを解説!


ブログトップ映画 >映画イルマーレをDVDで見ました

2007年02月20日

映画イルマーレをDVDで見ました

映画「イルマーレ」を見ました。DVDですけど、メチャメチャ良かったです。テレビで予告編を見かけた時から映画館で見たかったんですが、なかなか見に行けなくて結局DVDで見ることに・・・  
この「イルマーレ」はもともと韓国で作られた映画 をリメイクしたものなんですが、2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーブス)と2006年を生きるた女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)の近そうで遠い時間を手紙が思いをつなぎ、運命までも変える。あのシーンがここに繋がってるのかと思うシーンが何個かあり、何度も見てしまう、そしてまたジーンと感動してしまう映画 でした。そしてかわいい犬のジャックが2人を呼び寄せる。これもまたイイです。

映画「スピード」で共演した2人が今回はとても優しく穏やかな雰囲気で見ていてとても心地良いって言葉が似合う映画です。あらすじはこうなってます

岸に建っている慣れ親しんだガラス張りの一軒家から引っ越すことになった女医のケイト(サンドラ・ブロック)は荷物をまとめ、郵便受けに次の住人へとメッセージを残した。

「新しい住人さん、新居へようこそ。前の住人からひと言、ここでの生活を楽しんでね。郵便局に住所変更届を出したけど、きっと配達ミスがあるわ。その時は新しい住所に転送して下さる?お願いするわ。追伸 入り口の犬の足跡は前からありました。屋根裏の箱もです。」

湖の家へ引っ越してきたアレックス(キアヌ・リーブス)は、郵便受けに奇妙な手紙を見つけた。

「犬の足跡? 一体、何の話だ?」

アレックスは新居を片づけ始めた。家の外でペンキ塗りをしていると、一匹の犬がやってきた。追いかけると、ペンキ塗りたての橋の上を駆け抜け、ペンキの足跡を点々とつけて、玄関へと入っていってしまった。

その後の手紙のやり取りによって、ふたりの間にはなぜか二年の隔たりがあることを知る。ふたりは自己紹介から始まり、趣味の話や悩みなど、手紙で心の内を語り合うようになった。そして、たびたび文通を重ねるうちに、互いの存在こそが、これまで求めていたものだということを知る。

「どうしてもあなたに会いたい!」

「場所を決めて必ず行く。明日でどうだ?」

ケイトの時間で“明日”会うことを決意するふたり。ケイトの明日はアレックスの2年後。ふたりは、なかなか予約が取れないことで有名な、街で一番人気のレストラン「イルマーレ」で会うことを約束するのだが…。

時を超え、ふたりは本当に出会うことができるのだろうか。運命を変えることはできるのだろうか。


【最後にひとこと】

犬のジャックがかわいかったなぁ
〜麒麟〜│Comments(0)TrackBack(0)clip!映画 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔