ANA 全日空機が高知空港で胴体着陸:麒麟(キリン)の気になるニュース 情報ポスト ANA 全日空機が高知空港で胴体着陸を解説!


ブログトップ気になるニュース >ANA 全日空機が高知空港で胴体着陸

2007年03月14日

ANA 全日空機が高知空港で胴体着陸

全日空(ANA)の前輪が出なかった全日空1603便ボンバルディア機が今里仁機長(36)の冷静な判断と行動で無事高知空港に胴体着陸という形でけが人もでない見事な操縦をやってのけました。
今里仁機長は36歳ながら約8000時間という飛行時間を経験しており、更にとても冷静なまるで映画のシナリオのように見事に胴体着陸をしました。よく着陸しました。拍手です。

乗客も機長のアナウンスはとても冷静で慌てさせることもなく衝撃や傾きもあまりなく、パニックになることなく胴体着陸を迎えることができたとはなしていました。

カナダのボンバルティア社に抗議というニュースもありましたが最近何かあるのはエアーニッポンネットワークが所有するDHC8-Q400やDHC8―Q300という機種のプロペラ機で国内での利用は出来るだけ避けた方がいいのではと思ってします。

【最後にひとこと】

私は新幹線の方が好きです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔