最終回のライアーゲーム 第11話のあらすじ:麒麟(キリン)のライアーゲーム(ライヤーゲーム) 情報ポスト 最終回のライアーゲーム 第11話のあらすじを解説!


ブログトップライアーゲーム(ライヤーゲーム) >最終回のライアーゲーム 第11話のあらすじ

2007年06月21日

最終回のライアーゲーム 第11話のあらすじ

とうとう最終回を迎えたライアーゲーム、第11話は21時からの3時間スペシャルです。
今回ライアーゲームの主催者ハセガワ(北大路欣也)がやっと出てきたり、エリー(吉瀬美智子)のもくろみも明らかになってきます。一番気になってたのはライアーゲームが開催された本当の理由とエリーが何を思ってどうしたいのか・・・そこら辺りがこの最終回の3時間で見えてきそうなところです。それではあらすじを・・・

とある療養所で、密輸ゲームでの神崎直(戸田恵梨香)らの途中経過をエリー(吉瀬美智子)から報告を受けているライアーゲーム主催者・ハセガワ(北大路欣也)。報告を聞きながらハセガワは直と初めて会った日のことを思い出す。

そしてエリーもまた、直を“ライアーゲーム”に参加させた経緯、事務局員である谷村光男(渡辺いっけい)の過去や秋山深一(松田翔太)をゲームに参加させるように仕向けていたことなどを思い出していた。様々なことが明らかになっていく中、エリー自身の目論みも明かされ…。

密輸ゲーム会場では、今までのことはすべて秋山の計画だったことに驚く直たち。一方、「火の国」ではヨコヤ(鈴木一真)は完全に孤立していた。そんな折、ヨコヤへの復讐に燃える秋山を悲しそうに見つめていた直は、復讐をやめさせるべくあえてミスダウトをして3回戦を引き分けにしたいと提案する。

そしてヨコヤに秋山に謝るように説得。みんなを救いたいという直の熱い思いを黙って聞いていたヨコヤは、やがてうなだれると静かに秋山に頭を下げる。そして直に自分のカードを渡し、引き分けの調整をするから直のカードを預けて欲しいと願い出る。信じた直は自分のカードを渡すが、その瞬間、ヨコヤは笑いだした。

すべてはヨコヤの罠だったのだ。ヨコヤは秋山に直を助けたければ持っている「火の国」3人のカードを持ってくるように訴える。そして、次のゲーム。検査ルームで3枚のカードを出す秋山と、直のカードを出すヨコヤは…。 〜ここまで〜

3時間という長さだけにビデオにとって何度も見ようかと今から思っています。 ̄m ̄

最新のライアーゲームの記事はこちらです。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ライアーゲーム 11話  [ ライアーゲーム 口コミ 噂情報 ]   2007年07月05日 04:35
ライアーゲーム 最終回ご覧になりましたか?いや〜 衝撃   そしてまじ感動したよ♪ (^^)しかし 松田翔太の妹....よかったなあ...ライアーゲーム 口コミ 噂情報集めてみました早くDVD出ないかな♪LIAR GAME ライ〉À

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔