医龍2の第3話は野口教授が・・・ 視聴率は?:麒麟(キリン)のテレビドラマ 情報ポスト 医龍2の第3話は野口教授が・・・ 視聴率は?を解説!


ブログトップテレビドラマ >医龍2の第3話は野口教授が・・・ 視聴率は?

2007年10月26日

医龍2の第3話は野口教授が・・・ 視聴率は?

医龍2の第3話は野口教授(岸部一徳)の思いもよらない過去や小高七海(大塚寧々)の過去に触れそうな話など引き込まれる話でした。そして気になる視聴率は・・・
15.5%でした。

医龍2、他のドラマが苦戦を強いられる中で立派な数字だと思います。ドラマの内容も面白いですしね

最初に書いた野口教授はクレーマーと明真病院で呼んでいた西沢のおじいちゃんが実は昔野口教授が医療ミス?で心臓にガーゼを残したままにしてガーゼオーマという状況にしてしまったことでピンチになるかと思いきや、やっぱりいろんな力を使ってねじ伏せようとします。相変わらずムカつきます。

その一方でやる気のない小高七海(大塚寧々)がしぶしぶつれてこられた手術室で朝田龍太郎(坂口憲二)のオペを見るや、目の色が変わりました。何かが起こってます。

荒瀬門次(阿部サダヲ)の戻ってきたか・・・っていう言葉にも俺と同じようにみたいな含みを感じました。これから注目するひとりです。気になるついでに大塚寧々のホープページも載せておきます。

大塚寧々オフィシャルサイト←とっても癒されます。ついつい見ちゃいますよ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔