トライアングルの第4話の視聴率と感想:麒麟(キリン)のドラマ・トライアングル 情報ポスト トライアングルの第4話の視聴率と感想を解説!


ブログトップドラマ・トライアングル >トライアングルの第4話の視聴率と感想

2009年01月28日

トライアングルの第4話の視聴率と感想

トライアングルの第4話はとても残念なことにドラマの最初から15分くらいから”うたた寝”してしまいほとんどおいしいところを見逃してしまいました。目が覚めたら23時という悲しい出来事だったドラマ・トライアングルの第4話の視聴率は・・・
11.5%でした。

なんとか2ケタ視聴率を維持してますね。ちなみにドラマ・トライアングル第4話のあらすじでおよその流れを読み取ったのはいうまでもありません(泣)

かろうじて南町スナック野原と書かれたライターの野原は「ノバラ」ではなく「ノバル」と読むんだということを覚えたあたりで記憶が飛んでました。あとはあらすじで理解するだけです(笑)

まず、新藤利道(宅間伸)がアザのある男であり、サチ(広末涼子)の家を訪ねてきていたことと事件当時最有力の容疑者であったにも関わらず信造(北大路欣也)が逃がしたと意味深な発言があったことなど謎が相変わらず多いドラマです。

そんな中でサチが少しずつまた亮二(江口洋介)に惹かれていくところもちょっと注目です。これからどんな風にラストに向けてつながっていくのか楽しみです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔