特命係長 只野仁の第5話(第36話)の視聴率と感想:麒麟(キリン)のテレビ番組 情報ポスト 特命係長 只野仁の第5話(第36話)の視聴率と感想を解説!


ブログトップテレビ番組 >特命係長 只野仁の第5話(第36話)の視聴率と感想

2009年02月14日

特命係長 只野仁の第5話(第36話)の視聴率と感想

特命係長 只野仁の第5話(第36話)はゲストに安達祐実・野村宏伸・石丸謙二郎を迎えピリっとしたドラマになりました。そして気になる視聴率は?
10.6%でした。この『特命係長 只野仁』というドラマも視聴率2ケタをキープし続けています。私的には23時台にあった頃のほうが良かったかなぁなんて思ってますが・・・

第5話では安達祐実が久々にドラマに出演し主役に近い形で展開していたように思います。いつもよりドラマ制作サイドが気をつかったのかなぁって思いました。でも相変わらずかわいらしく演技もさすがだなと思わせてもらいました。前面に押し出されたのがイヤな感じもなかったのでうまく行ったんじゃないかと思います。

それから久々に野村宏伸を見ました。かつては田原俊彦(なつかしいです)とともに『教師びんびん物語』なんてのをはじめとしたその当時のトレンディドラマ(古い言い回しですかね)の代表的な俳優さんでしたからなんか懐かしいです。

石丸謙二郎は『世界の車窓から』のナレーションのイメージがありますが、時々瞬なドラマに出ては存在感を示してくれてうれしい限りです。

今回は特命係長・只野仁(高橋克典)の優しい強さが印象に残った第5話(第36話)でした。見逃した場合は特命係長 只野仁の第5話(第36話)あらすじからおよそのストーリーを読み取ってくださいね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔