ライアーゲーム シーズン2の第5話の視聴率と感想:麒麟(キリン)のライアーゲーム(ライヤーゲーム) 情報ポスト ライアーゲーム シーズン2の第5話の視聴率と感想を解説!


ブログトップライアーゲーム(ライヤーゲーム) >ライアーゲーム シーズン2の第5話の視聴率と感想

2009年12月10日

ライアーゲーム シーズン2の第5話の視聴率と感想

ライアーゲーム シーズン2の第5話の視聴率は・・・
11.3%でした。

この辺りの視聴率で落ち着いてしまっているようです。ライアーゲーム2は1の頃より話題性に欠けているのか認知度が上がっているためそれ程騒がれないのかはわかりませんが、ドラマ的には面白いので引き続き書いていきたいと思います。

今回の第5話はセミファイナルということで大塚マリエ役のMEGUMI、忍成修吾、片桐はいり、春海四方、夕輝壽太などが参加し、本格的に菊地凜子が出てきてとワクワク感が増して秋山深一(松田翔太)や神崎直(戸田恵梨香)、福永ユウジ(鈴木浩介)の前に立ちはだかる最大の敵として君臨?思想です。

ただ早くも画策を行って秋山の野望を打ち砕かんとしたところはちょっと早いのではと思いましたが今までとは違い対抗した秋山にもう一度一撃を食らわしてさらにピンチにするんじゃないかと想像してしまいます。まあ、最後は秋山が辛くも勝つんだと思いますが、前半・後半があるようですし結構引っ張りそうです。セミファイナルでこんな状態だとファイナルはどうなるんでしょうねぇ・・・


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔