不毛地帯の第9話の視聴率と感想:麒麟(キリン)のテレビドラマ 情報ポスト 不毛地帯の第9話の視聴率と感想を解説!


ブログトップテレビドラマ >不毛地帯の第9話の視聴率と感想

2009年12月12日

不毛地帯の第9話の視聴率と感想

不毛地帯の第9話の視聴率は・・・
10.9%でした。

第9話は妻(和久井映見)を亡くした壱岐正(唐沢寿明)がニューヨークへアメリカ近畿商事の社長として赴任し千代田自動車とフォーク社との提携に奔走します(マツダとフォードっぽいですね)アジア渉外担当のプラット(ニコラス・ペタス)との商談の時は内容もさることながらK1選手が出てくるのかぁとしみじみ感心してました。

そんな中で娘の直子(多部未華子)が結局鮫島辰三(遠藤憲一)の息子・倫敦(石田卓也)と結婚し子供もそのうち出来ている状況でどうも時間の経過が早く驚いてしまいます。

そして黄紅子(天海祐希)に千里(小雪)が婚約を解消したと聞かされかなり動揺してましたが来週はその千里といろいろありそうです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔