JIN -仁-の第10話の視聴率と感想:麒麟(キリン)のテレビドラマ 情報ポスト JIN -仁-の第10話の視聴率と感想を解説!


ブログトップテレビドラマ >JIN -仁-の第10話の視聴率と感想

2009年12月14日

JIN -仁-の第10話の視聴率と感想

JIN -仁-の第10話の視聴率は?
20.4%でした。

最終回を前にしてまた20%を超えてきました。相変わらず高視聴率をたたき出すすごいドラマです。来週は最終回・85分スペシャルドラマになっています。

第10話はそれぞれの登場人物が揺れ動きながら決意していきます。咲(綾瀬はるか)は仁(大沢たかお)に思いを寄せながらも未来(中谷美紀)にはかなわないと別の人に嫁いでいくことを決心し、花魁の野風(中谷美紀)も未来にかなわないと身請け話を受けて最後に仁に診察を受けたいと熱望し胸のしこりが岩(癌)であれば身請け話がなくなると思いをはせますが、仁は野風の身請け話が流れると未来が存在しなくなるとちゃんと診断結果を伝えないという医師とひとりの人間が闘います。この辺りが今回の見せ場なんでしょうが、見てて切ないですね。

そして最後には龍馬(内野聖陽)と仁がお互いを助けようと結局ガケから転げ落ちて龍馬の姿が見えなくなってしまいますがこのまま仁のいた現代に行ってしまったんでしょうか・・・来週どうなるのか楽しみです。


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぱる   2009年12月14日 23:43
最終回の内容も楽しみですが、視聴率のほうも気になりますね
どんな数字が出るでしょうか
2. Posted by 麒麟(管理人)   2009年12月16日 20:10
ぱるさん、コメントありがとうございます。

そうですね、視聴率がどのくらいいくのか楽しみですね。
20%は超えてくるように思います。(^^)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔