大河ドラマ・龍馬伝の第8話(弥太郎の涙)の視聴率と感想:麒麟(キリン)の大河ドラマ 情報ポスト 大河ドラマ・龍馬伝の第8話(弥太郎の涙)の視聴率と感想を解説!


ブログトップ大河ドラマ >大河ドラマ・龍馬伝の第8話(弥太郎の涙)の視聴率と感想

2010年02月22日

大河ドラマ・龍馬伝の第8話(弥太郎の涙)の視聴率と感想

大河ドラマ・龍馬伝の第8話(弥太郎の涙)の視聴率は・・・
22.3%でした。

今回は龍馬(福山雅治)よりも弥太郎(香川照之)の方が目立ったドラマ展開でした。終わり間際に奉行所の入り口に不正を行った奉行所の悪口を書き連ねたのはすごかったですね。あの龍馬と会話の中で刀で彫ってましたが、結構な長い時間話しながらやっててほとんど出来てなかったのに朝見事なまでに出来上がったのを見ると料理番組をちょっと思い出しましたが(途中ですでに作っておいたものが出てくるやつです)弥太郎が根性で彫ったんだと思うとスゲーって思います。

それから吉田東洋(田中泯)の言葉がとても重く感じました。龍馬も弥太郎も思い言葉に震えるほど打ちのめされた感じですが、来週から江戸にまた赴いた龍馬がどうなっていくのか楽しみです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔