不毛地帯の第17話の視聴率と感想:麒麟(キリン)のテレビドラマ 情報ポスト 不毛地帯の第17話の視聴率と感想を解説!


ブログトップテレビドラマ >不毛地帯の第17話の視聴率と感想

2010年02月26日

不毛地帯の第17話の視聴率と感想

不毛地帯の第17話の視聴率は・・・
11.8%でした。

ドラマは3000万ドルから4000万ドルのイラン・サルベスタン鉱区の国際入札の攻防がドキドキしました。壱岐正(唐沢寿明)と兵頭信一良(竹野内豊)はドクター・フォルジにあの忌まわしい過去を思い出させるソ連で会い情報を手にして何とか落札することが出来ましたが、東京商事の鮫島辰三(遠藤憲一)は勝負に勝つためなら何でもやる姿勢にちょっと驚きましたがドラマならそれはそれでありなんでしょうね。

実際にああいうことが起こっているとしたら恐ろしいことです。今回の壱岐の進退をかけた大勝負は見ごたえがありましたが来週はもっとすごいことになりそうです。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔