大河ドラマ・龍馬伝の第13話(さらば土佐よ)の視聴率と感想:麒麟(キリン)の大河ドラマ 情報ポスト 大河ドラマ・龍馬伝の第13話(さらば土佐よ)の視聴率と感想を解説!


ブログトップ大河ドラマ >大河ドラマ・龍馬伝の第13話(さらば土佐よ)の視聴率と感想

2010年03月29日

大河ドラマ・龍馬伝の第13話(さらば土佐よ)の視聴率と感想

大河ドラマ・龍馬伝の第13話(さらば土佐よ)の視聴率は・・・
18.8%でした。

今回の13話で大河ドラマ・龍馬伝の第1部が終わりました。13話ってなんかあっという間だった気がします。

今回、脱藩をしようと思った龍馬(福山雅治)を乙女(寺島しのぶ)をはじめとした家族が乙女以外は反対しようとしましたが乙女の一途な龍馬への姉弟愛によってみんなの重いが変わりそれぞれが龍馬に優しく思いを託したようなところにすごく感動しました。

一方吉田東洋は武市(大森南朋)の暗殺計画により命を落とすことになり、逆に龍馬は後藤象二郎に命を狙われるも結局弥太郎(香川照之)に結果的には助けられることになったわけで運命というものは不思議だとつくづく思います。まさに天命と言うべきなのかもしれませんね。次回第2部からは勝海舟や西郷隆盛・新選組などが登場しさらに面白くなってきます。弥太郎も大阪に入るようですしね。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔